川崎市 宮前区 宮前平 伊藤整形外科クリニック 宮崎台 鷺沼 診療内容

診療内容

伊藤整形外科クリニックの主な診療内容

整形外科

体の芯となる骨や関節をはじめ、筋肉や腱、神経などで構成されている「運動器」の病気や外傷による損傷(けが)を治療し、それらの機能改善を目指すのが整形外科です。
なお、

  • 骨折や脱臼、打撲、捻挫
  • 膝の痛みや腫れ
  • 肩こり
  • ぎっくり腰
  • 手足の痛みやしびれ

などがある場合は、お気軽にご相談ください。

リハビリテーション科

運動機能等に障害が生じ、日常生活に支障をきたした状態を医学的に改善しようとするあらゆる治療のことをリハビリテーション(リハビリ)といいます。
なお、

  • 肩・腕が上がらない
  • 歩くと膝が痛む
  • けがで体がよく動かない
  • 体を動かすと痛みがはしる
  • 術後のリハビリテーション

などがある場合は、お気軽にご相談ください。

骨粗鬆症

骨粗鬆症は加齢が主な原因で、骨の中のカルシウムの量(骨量)が減少し、鬆(す)が入ったように骨がスカスカになり、もろくなる疾患を言います。
骨折の危険性が非常に高まり、骨折する部位によっては寝たきりになることもあるので、特に注意が必要です。

一度は早期に骨粗鬆症の検査をお勧めいたします。

外傷(骨折、捻挫など)

打撲、骨折、脱臼、捻挫、むち打ち症、切り傷、擦り傷などを扱います。
外傷の状態によっては、早めの受診をお勧め致します。

スポーツ整形

スポーツ整形はスポーツで負ったケガの治療だけでなく、運動機能の回復も目指します。

スポーツ整形が対象の外傷や障害例について

  • 野球肩
  • 野球肘
  • テニス肘
  • ゴルフ肘
  • ジャンパー膝
  • 疲労骨折

などを扱います。

外反母趾

外反母趾は、母趾の先が変形して、靴によって圧迫されることで痛みや炎症を起こし、ひどくなると靴を履いていなくても痛むようになります。
外反母趾による痛みの治療や、装具を用いた加療をします。

リウマチ

リウマチは主に手足の関節が腫れる、あるいは痛むといった病気です。
また関節の節々が痛むだけでなく、微熱や倦怠感、食欲不振などの全身症状も出ますので、人によっては日常生活に支障をきたすこともあります。

次のような症状がある場合、
朝方に手足の指関節がこわばり、多くの関節が痛む、手足のしびれや痛みがある
などは早期の治療が大切であり、内服薬や、他にリハビリも有効です。

四十肩・五十肩

40~50代の方に多く見受けられ、肩関節が痛むのをはじめ、関節の動きが悪くなって、運動制限が生じる状態があります。
投薬や注射、およびリハビリによる加療を致します。

運動器リハビリ

運動器とは骨・関節・筋肉・神経など、“動く”ことに関わる組織・器官の総称です。
運動器に関する疾患としては、骨折、関節リウマチ、変形性関節症、腰痛や肩痛、頚部痛、スポーツ障害などが挙げられます。

「運動器リハビリテーション」は、運動療法(ストレッチや筋力強化など)や物理療法、装具療法等によって

  • 低下した筋力や関節の動く範囲の改善
  • 歩行、階段など日常生活における動作のスムーズ化
  • 身体機能の回復

などを目指します。